2014年03月15日

4月の稽古予定。

どうも、管理者Hです。

遅くなりましたが、
4月の稽古予定をカレンダーに入れました。


ご確認ください。


また、
4月は何時もの5階ではなく。
4階での稽古になります。


お間違えの無いよう、
ご参加ください。

9966999A-DBAB-49AD-80BC-9765BDFC00B7.png
posted by 極真会館大石道場 東京支部 at 09:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

3月3日公認昇段審査会

どうも、管理者Hです。

3月3日は総極真の公認昇段審査会が、
静岡市内の北部体育館で行われました。


不詳私が参加してまいりました。


ちょっと行き違い(?)はあったものの。
無事に受審させていただきました。


型のとき。
大石最高師範から、
僕等茶帯は大変褒められました。
最高師範日記の記事はこちら。


http://plaza.rakuten.co.jp/daigoohishi/diary/201303040000/


僕は直接最高師範に、
「思ったより良かったですよ」
と、言われてますので、
関係ないかもw


十人組手の際に、最高師範はじめ、
みんなの声が聞こえ、
奮起できました。

お恥ずかしい組手をおみせしたかもしれませんが、
自分の現在の力ですので、しょうがないです。

精一杯をだしきれたと思います。

最高師範の日記にもありますが、
上位の昇段の方でしたが。
福井の今城先生が、
途中アキレス腱を切られて、
立つのもやっとの状態で40人を完遂されました。

他にも肋骨が折れたと仰る方もいらっしゃいました。


満身創痍の中の組手に、
極真魂を感じました。

あの場にいた皆でそれは、
共有できたと思います。


個人的にはこの半年、
準備してきたことはめいいっぱい出せたと思いますし。
自分に足りないものが沢山あることにも、
あらためて気づかされました。

結果はまだ出ていませんが、
結果の如何に関係なく。

審査を受けて良かったと思いました。


機会を授けてくださった、
大石最高師範。

練習に付き合ってくださった、
大石道場東京支部の皆さん。

残念ながら今回一緒に受審できなかったH先輩。

皆さんには何とお礼を言っていいかわかりません。

今後とも、
宜しくお願い致します。



押忍!


image-20130304122333.png

posted by 極真会館大石道場 東京支部 at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

空手バトルキングスレポート4

はい、管理者Hです。

連載中のこのシリーズ、
いよいよ終盤ですねぇ。

A利先輩第二試合

それではまた、
D.Yさん、宜しくお願い致します。

------

相手の選手は三段です。
身体がA利先輩の2倍くらいの厚みがあります。

開始の合図で間合いの取りあい。
離れているが動きが早い。

ぶつかりあう前なのに相手の圧力のある空手がわかる。

回って、回って激突。
ものすごい速度の突きあい。
バチ、バチ、バチと音がする。
A利先輩の膝蹴りで分かれた。
A利先輩が軽やかなステップでうしろに下がる。
それを追いかける相手の後ろ姿は不動明王のような燃え上がる炎を感じさせる。

相手の突きをよけようとして、審判にあたるA利先輩。

即効の下段蹴りと突きあい。
相手選手のまわりをステップするA利先輩。
そして急襲。
北斗の拳の如き突きの連打。
相手も同じに返す。
「すごくねー?。」
バランスを崩してコートに手をつくA利先輩。

「ぞっこー(続行)!」

A利先輩、右下段蹴り。
相手はかかとをつかった下段蹴りを返してくる。
見た目はかっこよくないが、かなり効きそうな技です。
このかかと下段蹴りを3発、A利先輩の腿に的中させた。
さらに左の突きを腿に入れる。

A利先輩は突きと下段蹴りで反撃した。
相手は怒ったような振り回して叩きつけるパンチを
A利先輩に打ってきた。
A利先輩は押し返そうとするが、相手は下がらない。
場外に出されてしまう。

「15秒。」

A利先輩、だいぶ消耗してきた。
相手の左下段蹴りが確実にA利先輩にヒットしていく。

「やめっ。」

3対0で相手の判定勝ち。

終わった後、二人は挨拶したが、
あれだけ怖かった相手選手のさわやかな笑顔が印象的でした。


------

試合後、
にこやかな握手。

空手の醍醐味だと思いませんか?

いやー、
文章も手に汗握る感じですねぇ。
この臨場感、すごすぎです。

また明日に続きます。

押忍。
posted by 極真会館大石道場 東京支部 at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする