2012年12月03日

空手バトルキングスレポート2

ども、管理者Hです。

先日行われた、
空手バトルキングスレポート二つ目は、
K山さんの奥さん、M紀さん。

前の週の稽古にも、
お一人で参加されて、
なみなみならぬ試合への気迫を感じました。

さて、D.Yさん、
どう綴ってるか。。。

-----

M紀さんの初試合です。
「自分の頑張っている姿を息子のS太郎に見せて、
頑張ってもらいたい。」

名前が呼ばれます。
緊張が極限に達する瞬間です。

「はじめーっ」
相手の右中段蹴りとM紀さんのワンツーが同時に入った。
M紀さんはバランスを崩さず、
そのまま激しく突きあいと蹴りあいがはじまりました。

予想通りの激しいぶつかり合いです。

初めての試合とは思えぬほどに、
M紀さんはしっかりと相手を視界に入れて
闘っています。

「ラスト1分。」
お互いに間合いをとり、攻め時をはかる。
M紀さんが右中段蹴りで詰める。
相手は避けたが、M紀さんはすぐに突きにつなげて
相手に攻撃をさせません。

「ラスト30。」

M紀さん、自分でバランスを崩して転倒。

お互いに最後のラッシュ。
M紀さんは突きのみで攻める。
相手は突きの間に前蹴り、膝蹴りを混ぜてくる。

「ラスト10.」
お互いにスタミナが尽きかけている。

「やめっ。」の合図があっても勢いの止まらないM紀さんは相手に2発の突きをいれる。

判定は相手に3つ。
気迫と圧力は互角だったが、相手選手に帯の分だけ
技が多かったようだ。


-----

初試合、お疲れさまでした。
内容を観ていると、
前週の練習内容で、
各先輩に指導されたことをきちんと守られているようで、
結果につながらなかったのが、
本当に残念ですねぇ。

お母さんの試合を見て、
S太郎は、何かを学んでくれたと思います。

押忍。
posted by 極真会館大石道場 東京支部 at 10:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

空手バトルキングスレポート1

どうも管理者Hです。

先日、7月23日(日)
海老名市立北部公園体育館にて
「カラテバトルキングス」
が開催されました。

大石道場東京支部から、
参戦された方のレポートを
少しずつアップして行きたいと思います。

まずは、K山さん
親子三人で空手をやられています。
S太郎も応援しています。

レポートは、
いつものようにD.Yさんです。

-----

試合開始直前に、笑顔のK山さん。
今日は仕事が忙しく練習不足のため、かえって肩の力がぬけているのかもしれません。

相手はかなり背が高く、K山さんと同じ青帯です。
「パパ、ガンバレー。」

K山さんの右上段回し蹴りで闘いがはじまりました。
中段突きと下段蹴りの攻め合い。
お互いの下段蹴りが同時に相手の足をとらえる。
相手の上段膝が、危なくK山さんの顎近くまで伸びた。

「1分経過。」
全くの互角です。

中段突きで前に出るK山さん。
左右の下段蹴りで反撃をもらう。
K山さんの左足が効かされている感じです。

K山さん、両腕をさげてノーガード。
下段を受けながらも前に出る。

「パパ、ガンバレー。」

K山さん、相手のつきに

「手を出せ。手を出せ。ラスト10秒。」

相手の力のなくった気力のみの突きと蹴り。
K山さんも前に出ようとするが体が動かない。

門馬師範の終了の合図。

頭をひねるK山さん。
「う〜ん。」という感じでしょうか。

判定。
引き分け1。相手方1。
主審、相手。

思わずカクッと頭を折るK山さん。
私的には引き分けだと思いました。

稽古不足でも今日を乗り切ったK山さん。
お疲れさまでした。

------

前回の試合は、1回戦突破していただけに、
悔しいですね。

練習不足でも、
試合に出るということは、
何かしらの自分へのプラスになったと思います。

毎回毎回、準備万端で試合に臨めるとは限りませんものね。
何にしても、お疲れさまでした。

押忍。
posted by 極真会館大石道場 東京支部 at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする